カナダの有給インターシップ/ホテルやレストランでの有給インターンシップ

リゾート地にあるホテルやレストランで給料をもらいながら働くことができる有給のインターシップ・プログラムです。
カナダ人や世界各国から来ているワーキング・ホリデーの人たちと一緒に仕事しながら交流。完全英語環境の中で給料をもらいながら働くことができます。


ホテルやレストランで働く
英語環境の中で働きながら実践的な英語を学びたいという人にピッタリのプログラムです。
バンクーバーで行われる準備研修で電話面接の練習やカナダで働くために必要な英語・知識の短期集中トレーニングを受けます。その後、実際にホテルやレストランの電話面接を受けます。面接に合格、リゾート地にあるホテルやレストランなどで働きます。

 

★カナダの有給インターンシップ(後払い制度)
カナダで受け取った給料からプログラム費用を支払をするシステムもあります(後払い)。カナダで働いて稼いだお金の一部でプログラム費用を支払うことも可能です。日本で支払う費用を8万円分少なくすることができます。お申込をする際に奨学金制度を利用することをお申し出ください。

日本で支払う金額(プログラム費用):158,000円
カナダで支払う金額:8万円(C$900)

※航空券や保険代も含めて、総予算で最低40万円くらいで渡航可能です。

 


 

・1年間のスケジュールの例

期間

最初の1〜3か月間(自由選択)

6か月間

残りの3〜5か月間(自由行動)

内容

・語学学校で英会話の勉強

※英語力のある人は学校は不要。

・有給インターンシップ

・学校でTOEICやビジネス英語の勉強

・NGOでインターンシップ

・1〜12週間/カナダ国内を旅行

※残りの期間は自由行動です。

 

費用

・英会話レッスン+ホームステイ費用

 4週間:約C$2300(約19万円)

 8週間:約C$4300(約37万円)

 12週間:約C$6000(約51万円)

・1か月の給料(平均)

 C$13/時給×160時間=C$2080

・6か月間の貯金(平均)

 C$5400(約46万円)

・ビジネススクール費用:

 12週間:約C$3500(約29万円)

NGOでインターンシップ

 2週間:210,000円〜

・カナダ旅行

 1〜12週間:約C$1000〜3000

 

★総予算について(参加者の平均的なパターン)

最終的な出費は、語学学校&ホームステイ代(0〜30万円)+航空券代(約10万円)+保険代(約15万円)+プログラム費用(238,000円)+お小遣い=約48万円〜80万円

なお、上記の出費は、有給インターンシップ参加者の平均的なパターンになりますので、上記よりも出費が多い人も少ない人もいますので、ご了承ください。

 

・有給インターンの1か月の平均的な生活費

C$300(家賃/寮・アパートなど)※寮費が無料のところもあります。

C$200(食費)

C$200(飲み代などの遊戯費)

――――――――――――――――

C$700(日本円で約6万円)

 

・有給インターンの平均的なバイト代

C$13/時給×160時間=C$2080(1か月の給料/日本円で約18万円)

税引後の手取収入:C$1600(1か月の給料/日本円で約13万円)

 

・6ヶ月後の貯金(平均)

C$1600-C$700=C$900(1か月間の貯金/約76,000円)

C$900×6か月=C$5400(6か月間の貯金/約47万円)

※今までの最高額は、約1年間働いた人で、$1800(160万円)貯めた人がいました。

※有給インターンシップの6ヶ月間でC$5400前後の貯金ができます。この貯金を使って、帰国前に3ヶ月間くらい学校でTOEICやビジネス英語コースで英語を勉強している人が多いです。

※1C$=85円で計算しています。

 


派遣先の例
(2012〜2016年実績)


1)勤務地:バンフ中心部ホテル
職種:ハウスキーパー
就労時間:週5日、一日平均8時間労働
時給:$10.50〜

 

2)勤務地:イエローナイフ
職種:カフェキッチンヘルパー
就労時間:週5日、一日平均6時間
時給:$12

 

3)勤務地:レイクルイーズ
職種:ディッシュウォッシャー
就労時間:週5~6日、一日平均8時間労働
時給:$11

 

4)勤務地:エドモントン北部
職種:ハウスキーパー
就労時間:週5日、一日平均7時間
時給:$15

 

5)勤務地:エドモントン南部
職種:ハウスキーパー
就労時間:週5-6日、一日平均8時間
時給:$13.50

 

《職種》
ホテル(ハウスキーピング、フロントなど)
レストラン(ウェイター、ディッシュウォッシャー、カフェキッチンヘルパーなど)

 

《派遣地》
バンフ、レイクルイーズ、ビクトリア/トフィーノ、イエローナイフ、ケンモア/ケロウナなど。

※バンフやレイクルイーズなど、人気があるリゾート地は時給が安いですが、少し田舎は時給が高くなります。バンクーバーへ行ってから、現地スタッフと相談しながら時給や日本人の割合などの条件を考えて、地域など選ぶことは可能です。



カナダ有給インターンシップ 

Q & A


・何ヶ月間働かれる人が多いのでしょうか?
平均5ヶ月〜8ヶ月程度働かれる方が多いです。
最短は4ヶ月、最長は11ヶ月の方もいらっしゃいました。

 

・お金を貯めることができるのでしょうか?
こちらも平均となりますが、寮費用や食費を抜いて1ヶ月だいたい$600-$1,000程度貯金することが出来るようです。
6ヶ月働いた場合手元に$3,600〜$6,000は残ることが多いと思います。このお金を利用して最後学校に通われたり旅行をされる方が多いです。

 

・インターンシップ終了後、何をしていますか?
80%以上の方が8〜12週間ほどTOEICの学校に通ったり、興味のあった資格が取れる専門学校に通われています。学校に行かない方はバンクーバーでアルバイトを見つけたり西部やアメリカに旅行に行かれることが多いです。
学校に行く方も最後の1〜2週間はバケーションとしてカナダやアメリカを旅行されています。


 

・インターンシップ終了後、カナダで就職した人はいますか?
多くの参加者が大学生であったり、日本で就職を希望される方なのであまり過去に例はありませんが、今年バンフで半年働かれていた20代前半の方は働いていたホテルの知り合いのつてで、現在、カルガリーという都市のレストランで就職が決まり、ビザをもらって働いていらっしゃいます。
ほとんどの方はバンクーバーに戻ってこられた後、日本に帰国されています。

 

・挨拶程度しか英語ができないのですが、参加できますか?
通常面接は電話で行われますので、自己紹介をしたり日常的な会話が出来る英語力は求められます。
例えば”カナダのどこが好きか””今までの学歴や職歴を教えてください”
”雇用が決まったらどんなことを頑張りたいか””将来の夢は何か”など5〜15分の中でさまざまな質問がされますので、回答は流暢でなくてもしっかり相手の質問を理解し、それに沿った答えを英語で返す必要はあります。

なお、よくされる質問内容や面接の練習は事前の研修にて専門スタッフがトレーニングしますので、日常英会話が出来るレベルであればプログラムにご参加いただくことが可能です。

多くの方が4〜12週間程度、事前の語学学校に通われます。
英語力の判定を希望される方はカナダの現地スタッフが英語面接を行いますのでお気軽にお問い合わせください。もちろん無料です。

 

・何才くらいの人(どんな人)が多いでしょうか?
参加者の平均年齢は25、26歳くらいです。
大学生が70%、社会人の方が30%です。
このプログラムは職務経験をつむ、ということよりも英語環境での仕事経験、カナダらしい自然が多い場所での生活、都市部では出会えない仲間と出会い一緒に時間を過ごす、ということに重点を置いています。仕事は裏方が多いかもしれませんがお金を稼ぎながら英語を勉強し、さまざまな文化を持った方とコミュニケーションを取りながら自分を高めたい、という方にお勧めです。

 

カナダのスタッフに相談できます

カナダのスタッフにEメールで相談・お問合せをしたい方は下記のメールアドレスにEメールください。

Eメールで直接相談ができます(無料)。

canada@banzai-international.com

▲バンクーバーの現地スタッフ

▲バンクーバーデスクのカウンセリングの様子

(夜8:00pmまでオープンしてます)

▲バンクーバーデスク

 

・給料&生活費ついて

1日6〜8時間、週5〜6日間働いた場合、1ヶ月の給料は税金を引かれた手取り金額で、約$1,000〜1,800です。
1ヶ月の寮費と食費はc$450〜$550くらいです。
今までの参加者した方々は1ヶ月で稼げる賃金で生活費はまかなえています。
都市部(バンクーバーなど)のようにお金を使うところがなく、お小遣いとして使うのは、パブで飲んだり、アクティビティに参加したりする程度です。
1か月でc$600〜1000は貯金している人が多いです。

・インターンシップの期間について
インターンシップの期間は通常6ヶ月です。
派遣先のホテルとお客様のスケジュールを考えて多少前後する場合はあります。
今までで一番短かった人は4ヶ月半、長い方で約1年間でした。


・職種について
職種の多くの方がハウスキーパーやキッチンスタッフなどになります。

なお、英会話が上級レベルで経験がある人はフロントやベルボーイなどの職に就くことも可能です。

このプログラムはスキルアップというよりは、お金を稼ぎながらカナダ人と一緒に働き英語力の向上、カナダ文化に理解を深めることが第一目的となります。

 

 

■プログラム参加費用


★有給インターンシップ・プログラム費用
(2017年)

 238,000円

 

★有給インターンシップ(後払い制度)
カナダで受け取った給料からプログラム費用を支払をするシステムもあります(後払い)。カナダで働いて稼いだお金の一部でプログラム費用を支払うことも可能です。日本で支払う費用を8万円分少なくすることができます。お申込をする際にお申し出ください。

日本で支払う金額(プログラム費用):158,000円
カナダで支払う金額:8万円(C$900)


★プログラム費用に含まれるもの
・面接前の事前研修費用
カナダの歴史、カナダの就労法・祝祭日、北米と日本のビジネスの違い、面接の受け方・模擬面接、電話応対、ビジネス英語研修、英文履歴書の書き方など。
・電話面接の手配(原則・3回まで)

●料金に含まれないもの
日本からの航空券代、空港出迎え、ホームステイ手配料、ホームステイ費用、海外旅行保険代、現地でかかる個人的費用(おこづかい等)

※ホームステイや語学学校の手続きは可能です。
※面接・採用が決まるまである程度時間がかかりますので、バンクーバーの語学学校に4週間以上通うことをお勧めします。
語学学校の手続代行料:無料。

◎ホームステイを手配した場合の追加費用:ホームステイ手配費用:20,000円

1週間のホームステイ費(1日3食付):25,000円

2週間のホームステイ費(1日3食付):50,000円

 4週間のホームステイ費(1日3食付):80,000円



参加資格
・19才〜30才までで心身共に健康な人
・ワーキング・ホリデービザを取得できる人
・3ヶ月以上インターンシップできる人
・英語力がTOEIC400以上または同等レベルの人

 


スケジュール



お申込(ホームページから申込)出発の3ヶ月以上前

ワーキングホリデービザの待機リストに登録手続き(抽選)
 ↓
申込金振込(21,000円) &履歴書郵送
 ↓
電話面接(英語力と適正チェック)
 ↓
ワーキング・ホリデービザ申請 出発の2ヶ月以上前

 ↓
学校や航空券の手配(希望者

 
出発

 
バンクーバーで準備研修
 ↓
派遣予定の雇用主と電話面接
 ↓
ホテルがある地域へ移動、インターンシップ開始

 


 

【語学学校に入学する場合】
語学学校に通い英会話の勉強をする(英語力アップ)
 ↓
インターンシップ派遣1か月前から学校の授業が終了後週に1回のペースで研修を行う
 ↓
派遣予定の雇用主と電話面接を行う
 ↓
合格
雇用確認レターにサインをして派遣先へ移動する準備をする
 ↓
ホテルがある地域へ移動、インターンシップ開始

 

*雇用先との面接前の研修内容(面接の準備)
-英文履歴書の書き方トレーニング
・この生徒と話したい!と思わせる履歴書作成方法
・履歴書上での自分の売り込み法

・北米と日本の面接マナーの違い
・面接の受け方集中講座

・電話面接トレーニング
・英語でのアピール方法
・質問例特集で面接対策
・熱意が伝わる回答の仕方を徹底特訓!


 


★お申込について

ホームページからお申込できます。 申込プログラムの欄の「カナダ/有給インターシップ」を選んでください。 詳しくは、 申込方法をご覧ください。


★お問合せ先

バンザイ・インターナショナル

Mail: info@banzai-international.com

Tel: 03-6273-0251(月〜金/10:00-19:00 土・日・祝日は定休日)


カウンセリングは無料です。
お気軽にご連絡ください!

 


 

バンクーバーのスタッフより

 

これから派遣される方の有給インターンシップ派遣先が決まり、カナディアンロッキーにあるホテルでハウスキーパーとして働く予定です。インターンシップする方はホテルのインターンシップでお金を貯めて帰国前に専門学校に行きたいそうです。

多くの有給インターンシップ参加者は、6ヶ月は働かれるので$7,200(日本円で約60万円ほど)を貯金してバンクーバーに戻ってきます。有給インターンシップ参加者の7割がバンクーバーに戻った後、TOEICや資格取得の学校へ、残りの方はイエローナイフを見にいったり、アメリカやヨーロッパ横断旅行をされています。


◎今回の有給インターンシップ参加される方の例
6ヶ月後の貯金の目標は55万円(1C$=90円の計算)

 

★有給インターンの給与
C$13.50×160時間=C$2,160(日本円で約20万円)
・税金徴収:$400程度(税引き後:$1,760)
税引後の手取収入:約17万円

 

★1か月の生活費(予想)
C$350(家賃)
C$300(食費)
C$200(飲み代などの遊戯費)
――――――――――――――――
C$850(日本円で約8万円)

 

★6ヶ月後の貯金
約8万円(C$910)×6か月=約50万円(C$5,460)

※今までの最高額は、約1年間働いた人で、$1800(160万円)貯めた人がいました。

 

東京デスクの個別カウンセリング(予約制/無料)

お電話での相談も受付ています


  • バンザイ・インターナショナル
  • 〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目3-9 秀和目黒駅前604
    アクセス> JR山手線・東急目黒線・南北線/目黒駅から徒歩5分
    Mail: info@banzai-international.com TEL:03-6273-0251 
    ■営業時間:月〜金/AM10:00-PM7:00 土・日・祝日は定休