未分類

私がタイ滞在中のサポートをします

タイNGOスタッフイノオさんNGO日本人スタッフ イノオさん
2002年に大学のプログラムで約3ヶ月間インターンをしたときNGOの活動の魅力にはまってしまい、卒業後、タイのNGOの活動に戻りました。現在。NGOのスタッフとして様々なプロジェクトにかかわっています。

NGOの紹介

このNGOは、1991年に設立され、山地民を支援する様々なプロジェクトを行っています。 山間の広い敷地内に山地民の伝統・文化を撮影記録するためのテレビ局、山地民が作った手工芸品を売るショップ兼裁縫のための職業訓練所、インターネットの新たな活用法を探求したりWEBサイトを作成する事務所、エコ・プロジェクトを行っている事務所、教育を担当する事務所などプロジェクトごとの事務所(家)があり、山岳民族の支援する様々な活動をしています。
アメリカのロックフェラー財団、ILO国際労働機関)、 SIFシンガポール国際財団)など多くの団体から支援をいただいています。
NGOには、世界各国から来ているボランティアの方々がたくさん滞在しており、カナダやアメリカ、イギリス、フランス、シンガポール、日本など様々な国から集まってきています。

★チェンライ事務所(2015年間の平均データ)
スタッフ:約30人(タイ人山岳民族)+日本人1名+イギリス人1名
ボランティア:10人(タイ人と山岳民族)
タイ人インターン生:10人
外国人ボランティア・インターン(日本人も含む):平均20人
日本、イギリス、オーストラリア、カナダ、アメリカ、フランス、中国、シンガポール、ブラジルなど。
計:約70名

宿泊先の寮

女子寮
女子寮/木の家
女子寮/木の家

木の家
女性スタッフ、ボランティア、インターン生のための木製2階建ての宿泊施設です。時期により異なりますが、大体5~12名ぐらいで共同生活をし、基本的に 1人部屋ではありません。
部屋にはもちろん電気があり、ノートパソコンを持参していれば、ワイヤレスランをキャッチし、インターネットを自由に利用できます。

ツインの家(バーンフェ)
基本的にはツインの家も女子寮になっています。1階建の建物で、ベットが並んでいます。

男子寮
男子宿泊施設/土の家
男子宿泊施設/土の家

土の家(バーンディン)
男性のための宿泊施設「土の家」は、土と籾殻、藁を捏ねて造っています。木の伐採を最小限に抑えたこの家の室内は、暑い季節に涼しく、寒い季節に暖かいことが特徴です。ここで生活していると、自然に早寝早起きになります。それは、私たちが忘れかけている自然のサイクルに、体が溶け込むからでしょ
う。日本にいる時よりもちょっぴり早起きをした朝、窓を開けて深呼吸すると、タイ、チェンライでの幸せな今日一日が始まります。

トイレとシャワー室

木の家やツインの家、土の家の宿泊施設には、トイレや洗面所、シャワー室が併設されています。
トイレは、タイ様式である桶を使った手動洗浄であり、水の節約を可能にさせています。また、シャワーはタイの暑い気候に合わせ、湯ではなく水になっています。クーラーを効かせ冷えた部屋で涼むのではなく、行水をして体の火照りを取り除く、タイ流エコロジーです。

共有スペース

食事
食堂

共同の台所があり、基本的に月~土曜日の3食はここで食事を取ります。もちろん、メニューは毎食タイ料理ですが、ここにはタイの様々な地域から人が集まっていますので、タイ全土の郷土料理を口にすることもあるでしょう。また、近くの山で旬の山菜狩りをして、その日の料理に利用することもあります。
あなたの得意料理をメンバーに振舞うことも可能ですので、その場合は日本から調味料をご持参ください。食事は当番制ですので、みんなで協力して美味しい食事を作りましょう

憩いの場
憩いの場

コーヒーを飲みながら新しいお友達とおしゃべりをしたり、夜ギターに合せて歌ったりする憩いのスペースが、NGOには設けられています。
夜間やお休みの自由時間に、自分自身でタイ人スタッフや外国人ボランティアに約束をし、タイ語、英語、山岳民族の言葉を勉強をしたり、様々な地域の文化を学ぶことが出来ます。

パソコン(インターネット)の利用

NGO内には、日本語の使用が可能なパソコンがあります。
数に限りがありますので、ご自分のノートパソコンを持参した方が良いと思います。
自分でノートパソコンを持参した場合は、NGOの敷地内では、無線ランをキャッチして、どこでもインターネットが通じます。
なお、山岳民族の村にホームステイした時(一日間)は使用できないケースの方が多いです。

電化製品の充電

日本の電化製品がそのまま使用できるように変圧されたコンセントや日本語対
応のパソコンが日本人スタッフがいるNGOの事務所にあります。
日本の電化製品を使用・充電する場合は日本人スタッフにご相談ください。

洗濯

NGOにある洗濯機を利用することができます。その他にも手洗い洗濯が可能なスペースには、洗濯桶も設けられています。洗濯用洗剤はありませんので、日本から洗濯用洗剤(エコの物)ご持参ください。

習い事&周辺観光

休日を活かし、村に機織や刺繍を習いに行ったり、タイの踊りや楽器を習ったり、街にタイ伝統マッサージ師の資格を取りに行くこともできます。また、ミャンマーとの国境の町へ足を伸ばしたり、ゴールデントライアングル(タイ、ラオス、ミャンマーを一望できる場所)観光に出かけるのも楽しいでしょう。

共同生活

助け合いの時間

憩いの場
週に2回4時~5時の1時間、「みんなで力を出し合い協力して一つの作業をする時間」があります。池の水草を刈ったり、大掃除をしたり、その時によって内容は異なります。 メンバーは、同じNGO内に居ながら、それぞれの事務所で各々に働いています。こういった時間を設けることによって、メンバー間の助け合いの精神を養い、交流を図っています。

ゴミ拾い

週に1回、メンバー全員で協力し、NGO内や周囲のゴミ拾いをします。
NGOでゴミのリサイクルをしていますので、分別にご協力ください。

タイの気候

タイの季節は、11月~2月の乾期、3月~5月の暑期、6月~10月の雨期にわかれています。雨期でも暖かいので、雨はあまり気になりません。これに加え、北部チェンライの山間部には、12月~1月は、日中は暖かいのですが、朝晩10度以下に下がる冬期があります。

タイのお祭りを楽しもう

お祭りがたくさんあります。NGOの活動と一緒に楽しみましょう!

1月上旬
・子どもの日
NGOに2000人以上の子どもたちが集まり、ゲームをして遊んだり、歌や踊りを披露する子どもの日が企画されます。

7月
・アーサーラハ・ブーチャ(三宝節)
「アーサーラハ・ブーチャ」とは「8月に参拝すること」という意味で、年によって日にちは異なり、陰暦8月の満月の日に定められています。 この日に釈迦は5人の弟子に説法を説き仏、法、僧、の三宝が成立したといわれる聖なる日です。いわば仏教の布教が始まった日です。ウィサーカ・ブーチャと同様、仏教徒は僧の教えを聞いたり、タンブンをしたりして、夕方には寺で説法を聞き、手にロウソクを持って本堂や仏道を3巡する“ウィアンティアン”という儀式があります。

・カーオ・パンサー(安居入り)
カーオ・パンサー(入安居)の日はアーサーラハブーチャの翌日です。雨安居とも呼ばれ、雨期の期間僧侶が寺にこもって、修行に励む初日に当たります。かつて、僧が雨季に外出して百姓が植えた稲を踏んでしまわないように寺に篭ったのが始まりであると言われています。修行は、3ヵ月後のタイ陰暦11月に満月になる日、出安居(オークパンサー)まで行われます。

8月
・母の日(王妃誕生日)
シリキット王妃の誕生日。祝日です。
各地で誕生日を祝う式典が催されます。王宮前広場での式典には例年、首相、閣僚、タイ軍、警察幹部、高級官僚、一般市民が参列。ロウソクを灯して王妃様の長寿を祈ります。
政府はこの日を母の日と制定しました。タイ人は母親にジャスミンを贈る習慣があります。母への愛はジャスミンの花のように純白だという意味で、家族を大切にするタイ人にとって、とても大切な日のようです。
・ブランコのお祭り
アカ族の雨乞いの儀式で、巨大なブランコを村の入り口に作り、ブランコを漕いで雨を呼びます。

10月
ワンオークパンサー(出安居)
満月の日で、僧が3ヶ月間の寺での修行を終え自由になる日です。この翌日、人々は僧に食べ物を寄進します。
チェンライの街では、何百人もの僧の托鉢を見ることができます。
11月
ローイクラトン(灯篭流し)
ローイクラトンとは、陰暦12月の満月の夜に行われるタイの伝統行事です。「ローイ」は流すという意味で、「クラトン」はもともとバナナの葉で作った入れ物のことですが、このお祭りでは蓮の花などを飾って作られた灯篭の事を指します。灯篭の中の
線香3本とろうそく1本に火をつけて願い事をした後に、灯篭を川や運河、池等に流します。ローイクラトンの起源についてはいろいろな説がありますが、一般的に言われているのは、スコータイ王朝時代のブラルアン王の妻であるナーン・ノッパマートが、王に献上するためのはすの形や様々な形をした灯篭を作り出したという説です。ロイカトンは、作物の収穫を水の女神に感謝したり、1年間の自分のした悪事を水に流すと考えられていますが、一方若いカップルにとっては、恋人と二人で一緒に流し、灯篭が離れずに流れていけば別れないとも信じられています。また、多くの場所で、灯篭を流す以外に、コームロイという熱気球も打ち上げられ、夜空にきれいに浮かびあがります。


12月
ワンチャラームプラチョンマパンサープラバートソムデットプラチャオユーフア(国王陛下誕生日)=(父の日)
現プミポン国王陛下のお誕生日であり、タイの父の日でもあります。この日様々な地域で、儀式やパレードが行われます。
街中がきれいにライトアップされ、とてもきれいです。

クリスマス会
キリスト教の多い山岳民族の村でクリスマスの儀式やお祝い事があります。
民族毎の讃美歌やプレゼント交換等楽しいイベントです。

[


関連記事

  1. NFHSの選択科目/A・Bサブジェクトについて

注目のプログラム

1~2週間・海外ボランティア/海外インターンシップ

春休み・夏休み・冬休みなど(1年中受付ています)1、2週間から参加できる人を募集しています。…

北欧 デンマーク留学

デンマークの社会福祉や環境、デンマークの文化・デンマーク語などが学べる学校 フォルケホイスコーレ

2020年のコースを受付ています。学校についてNFHSは、フュン島北西部の海岸沿いの町、ボー…

北欧・デンマークで手芸を学ぶ スカルス手芸学校

日本人手芸家も多く留学した有名な手芸学校。この学校を卒業して、日本で手芸を職業にしている人がいます。…

おすすめプログラム

  1. アメリカ NGOインターンシップ 子どもや貧困者たちの支援活動
  2. カナダ NGO(赤十字)インターンシップ
  3. カナダ 高齢者施設 社会福祉ボランティア

海外インターンシップ

海外ボランティア

PAGE TOP